フランチャイズで開業した塾で失敗するパターンと回避方法

飲食業などと同様に、学習塾にもフランチャイズで経営するという方法があります。
無名の状態で個人として開業する場合と比べ、フランチャイズは本部のブランド力やノウハウを手に入れられるという点が大きなメリットです。

ただし、フランチャイズで塾を開業しても失敗してしまうという場合もあり得ます。
そこで本記事では、フランチャイズで塾を開業した場合に失敗してしまう原因と、あらかじめ行える失敗の回避方法を紹介します。

フランチャイズでの塾の開業をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

フランチャイズ塾で失敗してしまう4つの原因

フランチャイズ塾で失敗しないためには、まずはよくある失敗の原因を知っておくこと必要があります。

まずはフランチャイズ塾の失敗に多い4つの原因を紹介します。

原因①経営を本部任せにしてしまう

まず紹介する原因は、経営者であるにもかかわらず受け身の姿勢で、塾の経営や集客などをすべて本部に任せてしまうというものです。
先ほども少し紹介したように、フランチャイズの強みは、大手有名塾のブランド力や経営ノウハウを味方につけられるという点です。

しかし、どれほど本部の経営ノウハウが素晴らしいものであっても、オーナーが自発的に動かなければ塾の経営は失敗してしまうでしょう。
本部のサポートやアドバイスは、あくまでもサポートと捉えましょう。

現状を分析して、より良い環境を作るにはどうすればよいのかということは自身でもしっかりと考え、実践していくことが大切です。

原因②集客に力を入れない

集客に力を入れなかった結果、生徒自体が集まらずに経営に失敗してしまうというケースもよく見られます。
知名度の高い大手塾のフランチャイズであっても、「何もしなくても塾の名前だけで生徒が集まってくる」というようなことはなかなかあり得ません。

まずは塾の存在を知ってもらうところから始まり、競合に対してアピールできるポイントなどをしっかりと打ち出して集客も行っていく必要があります。

また、集客は行ってはいるものの、その前段階でのリサーチが不足していることで結果的に失敗してしまうという場合もあります。
その地域の塾のニーズや生徒数などを把握したうえで適切なアプローチを行っていかなければ、むやみに広告を打ってもなかなか生徒の確保にはつながりません。

事前のリサーチを含めての集客施策にしっかりと力を入れなければ、大手のフランチャイズ塾であっても失敗してしまうでしょう。

原因③資金繰りの計画が甘い

資金繰りの計画が甘い場合も、やはり経営に失敗してしまうでしょう。
フランチャイズであっても、個人で開業する場合と同様に資金繰りの計画を立てることは大切です。

フランチャイズで塾を開業・経営する際に目立つ費用としては、最初に支払う初期費用と、毎月本部に支払うロイヤリティがあります。

しかし、教室の設備の維持費や講師の人件費、また宣伝広告費など、ロイヤリティ以外でも毎月支払う費用は当然あります。
毎月の資金繰りを考えて経営を行うことは、塾経営の基本ですので、ここが押さえられていなければ失敗してしまうでしょう。

原因④経営者のノウハウが不足している

原因①~③の内容を押さえられていたとしても、そもそも経営者としてのノウハウが不足したままでは、フランチャイズの塾経営は残念ながら失敗してしまう場合があります。
経営を行うのであれば、個人経営・フランチャイズ問わず経営に関する基本的な知識やスキルは必要です。

また、当然ではありますが、講師に求められるスキルと経営者に求められるスキルは異なります。
そのため、講師として長年勤めていた経験があったとしても、初めて塾の経営を行うのであれば1から勉強をする必要があります。

本部の後ろ盾や、講師としての経験を頼りにして経営の勉強をあまりしていないのであれば、やはりフランチャイズの塾経営は失敗してしまうでしょう。

フランチャイズの塾経営で失敗を避けるための対策方法

フランチャイズの塾経営で失敗してしまう主な原因を4つ紹介しました。
原因を理解したうえで、具体的な対策方法を知ることで、何をすべきかがしっかりとわかるようになるでしょう。

ここからは、フランチャイズの塾経営で失敗しないための3つの対策方法を紹介します。

対策①本部や他校の経営者に相談をする

経営のノウハウが身についていないうちは、本部や同じフランチャイズの仲間に積極的に相談して意見交換を行うことで失敗を回避できる可能性が高くなります。
失敗してしまう原因の一つに「経営を本部任せにしてしまう」というものがありました。

確かに、「本部がすべて指示してくれるだろう」という受け身の姿勢では、フランチャイズであってもなかなか塾は成長しません。
とはいえ、経営を始めたばかりの頃は具体的にどのように動けばよいのかもわからず、結果的に受け身になってしまうということもあるでしょう。

そのようなときは、自分がどのような部分がわからず困っているのかを人に相談してアドバイスをもらうことで受け身の姿勢から脱出し、経営者目線で動けるようになるでしょう。
本部の担当者はもちろん、同じフランチャイズで経営をしている他校のオーナーもよい相談相手となるはずです。
塾によっては、オーナー同士の交流を促す交流会を行っている場合もあります。

まだ実際に加盟はしておらず、フランチャイズを検討中だという場合は、本部のサポートが手厚くオーナー同士の横のつながりが作りやすい塾を選ぶとよいでしょう。

対策②個人的な目標を定めておく

本部から言われるがまま経営を行うという受け身の姿勢から脱するには、個人的な目標を定めておくことも大切です。

本部から指示される目標ももちろんありますが、それとは別に、尚且つ本部からの目標とバッティングしないかたちで、「自分はどうしたいか」という目標を持ちましょう。
目標が明確になることで、具体的にどうすればよいのか、自分にはどのような知識が足りないのかがわかり、自発的に動けるようになります。

結果、経営者としての自覚が芽生え、塾経営も軌道に乗ってくることが期待できます。

対策③まずは小さな教室からスタートさせる

いきなり数十人規模の大きな塾を目指すのではなく、まずは小さな教室から始めるということも対策方法として有効です。

塾の固定費として、毎月の物件の賃料は比較的大きな割合を占めます。
家賃ばかりがかかってしまってなかなか生徒が集められなければ赤字となり、資金繰りにも失敗してしまうでしょう。

そのため、最初は比較的小さなテナントを選び、フランチャイズ塾の経営が安定してきたら、本部に相談し、大きな物件に移って徐々に塾を拡大していくという方法がおすすめです。

塾のフランチャイズ経営に失敗しないためのコツは、自発的に経営を行うこと

いかがでしたか?

塾のフランチャイズ経営に失敗してしまう理由と、失敗を回避するための対策方法を紹介しました。
フランチャイズであっても、オーナーが経営者としての自覚をもち自発的に動かなければ失敗してしまうという点は個人経営と変わりません。
わからないことがあっても本部からの指示待ちをせず、自分から相談して、目標達成に向けて進むことができるような意識を持ちましょう。

冨永教育経営研究所では、学習塾の経営者様に向けて経営・集客のサポートをさせて頂いております。

プロが認めた学習論と最先端の集客方法を用いて、学習塾経営者様のお悩みを解決いたします。
定期的な勉強会やセミナーを通して、成功事例の共有など様々なテーマについて勉強を行っています。
これらにより業績がV字回復した学習塾が数多く生まれています。

学習塾の経営・集客のことなら冨永教育経営研究所へ気軽にご相談ください。

Bookmark the permalink.