学習塾でのキャッチコピーの作り方とは?具体例も紹介

学習塾の経営者様のなかには、集客力を高めるために試行錯誤しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
集客の質を左右する要素の1つに、キャッチコピーの質があります。

そこでこの記事では、学習塾の集客に効果的なキャッチコピーの作り方のコツを解説します。
集客の質を高めたいと考えている学習塾の経営者様は、ぜひ参考にしてみてください。

キャッチコピーの重要性

まず、キャッチコピーの重要性について解説します。

キャッチコピーとは、端的で短いフレーズを掲げて、見た人や聞いた人を惹きつけるというものです。
多くの企業が掲げており、集客をするために用いられています。

たとえば、企業の看板やチラシ、ホームページ、出稿している広告文など集客をするために使われるあらゆるもので活用されています。
以下に、業界を問わず有名なキャッチコピーをいくつか紹介します。

<有名なキャッチコピーの例>

  • 資生堂:一瞬も一生も美しく
  • カルピス:カラダにピース。
  • リクルート:まだ、ここにない、出会い。

キャッチコピーはただ単にフレーズを掲げるだけではなく、効果的なものでなければなりません。
効果的なキャッチコピーとは、見た人や聞いた人に強く印象づけられるものです。

効果的なキャッチコピーを掲げることで、企業の認知度や商品やサービスの訴求力、そして購買率を向上させられることが期待できます。
そのため、企業では効果的なキャッチコピーを掲げることが重要となります。

では、効果的なキャッチコピーを掲げると具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
以下に、そのメリットを2つ紹介します。

メリット①簡潔に訴求できる

1つ目のメリットは、簡潔に訴求できることです。

キャッチコピーで商品やサービスの名前を繰り返し訴求すると、見た人や聞いた人の頭の片隅に残るようになります。
そうすると、その人たちが商品やサービスの購入・利用を検討する際に、頭の片隅に残っているキャッチコピーを思い出してもらえるきっかけになります。

商品やサービスの購入・利用を検討するうえで、その商品やサービスを知っているか知らないかでは、前者のほうが有利です。
商品やサービスの知名度は、人が購入・利用するうえでの安心材料となるのです。
そのため、キャッチコピーを掲げることで、簡潔に訴求できるということはメリットといえるでしょう。

メリット②付加価値をアピールできる

2つ目のメリットは、付加価値をアピールできることです。
商品やサービスの付加価値となるものは、できるだけ簡潔にわかりやすくユーザーに伝えたほうが理解してもらいやすいです。

たとえば、調理器具メーカー「ティファール」のフライパンは、通常のフライパンとは異なり、取っ手を外すことができます。
その付加価値をアピールするため、「取っ手の取れるティファール」というキャッチコピーが掲げられています。

このように、端的に何ができるかをアピールしたことで商品の拡販に成功したので、効果的なキャッチコピーを掲げることで付加価値をアピールできることはメリットといえるでしょう。

学習塾におけるキャッチコピーの作り方のコツ6選

ここまででキャッチコピーの重要性について説明しましたが、学習塾ではどのようなキャッチコピーが有効なのでしょうか。

以下に、学習塾でキャッチコピーを作るときのコツを6つ紹介します。

コツ①ターゲットを絞る

1つ目のコツは、ターゲットを絞ることです。
学習塾ごとにさまざまな教育方針があり、それによって指導内容や、塾に通うことで生徒が達成できる目標も異なります。

たとえば、難関校を目指すのか、中高一貫校を目指すのか、あるいは学校の授業の補完をするのかなど多岐に渡ります。
そのため、学習塾がどのような教育方針を採用しているかで、集めたい生徒の層も異なるでしょう。

まずはどのような生徒を集めたいかターゲットを絞り、誰に向けたキャッチコピーなのかを明確にすることが重要です。
学習塾のキャッチコピーで使えるフレーズとしては、「○○学校を目指したいなら○○塾」や「○○地域密着の○○塾」といったものが挙げられます。

コツ②ターゲットをどのように誘導するかを考える

2つ目のコツは、ターゲットをどのように誘導するかを考えることです。

一般的に、学習塾の経営者様にとっての最終的な目標は生徒の入塾です。
ただし、いきなりキャッチコピーで入塾を検討させることはハードルが高いため、まずはキャッチコピーをきっかけに、塾に興味を持ってもらうという目標を設定するとよいでしょう。

たとえば、塾を「○○塾で検索してください」や「○○塾を体験しよう」など、自分の塾を知ってもらうことや体験してもらうことを伝えるということが挙げられます。
このように、ターゲットにどうしてほしいかも明確にすることで、ターゲットの行動を誘発できるようなキャッチコピーを考えることが重要です。

コツ③必要性を訴える

3つ目のコツは、必要性を訴えることです。
キャッチコピーを掲げることで、見た人や聞いた人の記憶に塾の名前を植え付けられることが期待できます。

しかし、記憶に残るだけでは次のアクションにつながるかどうかもわかりません。
学習塾のキャッチコピーでよりアクションに導くようにするためには、塾に通う必要があることを訴えることが有効的です。

たとえば、「まだ間に合う○○塾」や「始めよう○○塾革命」といったかたちで必要性を訴えるといいでしょう。

コツ④危機感を持たせる

4つ目のコツは、危機感を持たせることです。

キャッチコピーに期間や時間に制約をつけることで、見た人や聞いた人が「今」アクションを起こす必要があると危機感を煽れます。
その期間を逃すと、次はそのようなチャンスが訪れないといったかたちで訴求すると、少なからず危機感を覚えてもらえるでしょう。

学習塾で使えるキャッチコピーとしては、「最初で最後の○○塾」や「今年こそ○○塾」といったフレーズが挙げられます。

コツ⑤お得感を演出する

5つ目のコツは、お得感を演出することです。

お得感とは、たとえば費用を安く抑えられることです。
多くの人は、商品やサービスの購入・利用する費用が安いほうが嬉しいでしょう。

そのため、お得感を演出すると、少なからず見た人や聞いた人により印象づけられる可能性があります。

たとえば、学習塾では「セットでお得な○○塾」や「どこよりも安い○○塾」などのフレーズが使えるでしょう。

コツ⑥実績を数値化する

6つ目のコツは、実績を数値化することです。

何事においても、実績を伝えるには数字を用いることでより説得力が増します。
そのため、キャッチコピーでも実績を数値化することで、端的にどのような実績を残した学習塾なのかをアピールできます。

学習塾のキャッチコピーで活用できるフレーズとしては、「合格率×%の○○塾」や「××大学〇名合格」といったものが挙げられます。

学習塾のキャッチコピーの例

以下に、学習塾でキャッチコピーを作るときに参考にできる具体例を紹介します。

学習塾のキャッチコピーの例

  • 日能研:応援します。輝く目を持つ子供たち
  • 東京個別指導学院:苦手は全部のびしろだ
  • 野田塾:未来にはばたく優れた人格の育成
  • 佐鳴予備校:伝統と実績の受験道場
  • 早稲田アカデミー:本気は無敵。
  • 明光義塾:個別指導による自立学習を通じて創造力豊かで自立心に富んだ生徒を育てます。
  • スクールIE:やる気スイッチを、入れませんか?

このような短い文でインパクトのあるキャッチコピーは、ターゲットに魅力的に映るのではないでしょうか。

学習塾のキャッチコピーはターゲットを明確にして端的に作ろう

いかがでしたでしょうか。
キャッチコピーは商品やサービスを簡潔に訴求するために必要不可欠なものです。

学習塾でキャッチコピーを作る際は、集客したい生徒のターゲットを明確にすることや入塾の必要性を訴えること、そしてお得感を演出することなどがコツです。
学習塾を経営している方は、ぜひ参考にしてみてください。

冨永教育経営研究所では、学習塾の経営者様に向けて経営・集客のサポートをさせて頂いております。
プロが認めた学習論と最先端の集客方法を用いて、学習塾経営者様のお悩みを解決いたします。
定期的な勉強会やセミナーを通して、成功事例の共有など様々なテーマについて勉強を行っています。
これらにより業績がV字回復した学習塾が数多く生まれています。

学習塾の経営・集客のことなら冨永教育経営研究所へ気軽にご相談ください。

Bookmark the permalink.