塾フランチャイズのメリット・デメリットと成功するコツ

フランチャイズでの塾経営を考えている人もいると思います。
でもフランチャイズのメリット・デメリットはいったい何だろう? 成功するコツとは? と気になっている人も多いでしょう。
ここでは、フランチャイズでの塾経営について解説。
これからフランチャイズで塾を始めようと思っている方や、塾を始めたもののあまり上手くいっていないといった方はぜひご覧ください。

フランチャイズ塾の仕組み

そもそもフランチャイズの塾とはいったい何なのでしょうか?
フランチャイズの塾の基礎を知りたい人は、ぜひご覧ください。

フランチャイズ塾とは

フランチャイズ塾とは、本部とフランチャイズ契約を交わして運営している塾のことです。
初めて塾経営をしようと思っても、ノウハウなどなければなかなか成功できませんよね。
しかしフランチャイズ塾の場合、大手の知名度やノウハウなどを使って塾経営をすることができます。
その代わり、情報などの提供料として、毎月ロイヤリティを本部に支払わなくてはなりません。
有名なフランチャイズ塾として「トライプラス」「アクシス」「s-Live」などがあります。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズは、まず加盟店は本部とフランチャイズ契約を交わします。
そして、加盟店は本部から店舗を運営するためのノウハウを授かります。

例えば、塾によっては、まずどの場所で運営すれば経営が成り立つか、立地の相談からできるところもあります。
ほかにも、どのように塾を運営すればいいのか、どうやって講師を育成すればいいかといったことを教える研修制度を設けていることもあります。

またフランチャイズは本部側にもメリットがあります。
というのも、本部がすべての資金・人を投資して、色々なところ塾を運営するには莫大な資金がかかります。
しかしフランチャイズの仕組みを利用すれば、早くたくさんの店舗を運営することができるのです。

フランチャイズは本部からアドバイスを受ける分、経営の自由度は低くなります。
しかし自由度が低いといえども、何もできないわけではありません。
可能な範囲でアイデアを出し、成功するフランチャイジーも少なくはありません。

フランチャイズ塾の年収

フランチャイズで塾経営をした場合、どれくらい年収をもらえるのでしょうか?
ここでは、フランチャイズと個人塾経営の年収を比較していきます。

1.フランチャイズの年収

フランチャイズ塾の年収は500万円程度といわれています。
フランチャイズの場合、開業したばかりでも知名度やノウハウがあるため、比較的生徒を集めやすく、年収も高くなりやすい傾向にあります。

ただし、フランチャイズオーナーは毎月のロイヤリティを本部に支払わなくてはなりません。

そのため、年収を高くしたい場合は、ロイヤリティの負担があまり重たくない塾を選ぶのも一つの方法です。

2.個人経営の年収

個人塾を経営する場合の年収は、300万円程度といわれています。
しかし、塾経営を成功させて、多店舗経営へと踏み出せれば、年収1,000万円以上も夢ではありません。

自分自身で思い通りの経営をしたい人は、ぜひ個人塾の経営を始めてみましょう。

3.どちらが儲かるのか

では、フランチャイズと個人塾、どちらのほうが儲かるのでしょうか?

開業当初から儲けようと思ったらフランチャイズがおすすめです。
フランチャイズのほうがブランド力や手厚いサポートがあるため、開塾当初から人が集まりやすい傾向にあるからです。

しかし10年、20年と継続して人気塾となっていくと、個人経営のほうが儲かっているケースもあります。
個人塾のほうが経営の自由度が高く、新しい教材を採用したり、新サービスを開発したりといったことが柔軟に行えます。
その強みを活かして、より大きな利益を出せるかもしれないからです。

しかしフランチャイズ、個人どちらにも関わらず、塾経営は軌道に乗れば、大きな利益を生み出すことができます。
それなので、できるだけ長期的な目線で塾経営を行い、高い年収を誇れるようになってもらえればと思います。

フランチャイズ塾のメリット

フランチャイズ塾を開業するのには、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ここでは、フランチャイズ塾を開く3つのメリットをお伝えします。

1.ブランド力がある

フランチャイズでの塾経営の場合、すでにある程度確立されたブランドを利用することができます。
まったく知らない無名の塾より、CMなどで見聞きしたことのある塾のほうが安心感があるといった親御さんは多いでしょう。

生徒集めなどで苦労したくない人は、フランチャイズでの開業を検討してみるのもいいと思います。

2.設備やノウハウが揃っている

フランチャイズの場合、ある程度の設備やノウハウがパッケージ化されて提供されます。
そのため、業界経験のない人でも、それなりの準備をすれば開業することができます。

また教材なども、本部が選りすぐった質の高いものを使えます。
カリキュラムも用意されているため、それ通りにすれば年間のスケジュールも立てやすいです。

これらのものたちが揃っている分、集客などほかの事柄に割ける時間が増えてきます。
そのため、ブランド力も相まって、最初から生徒を集客しやすいのです。

3.経営面でのサポートがある

フランチャイズの場合、その道のプロが経営面でもアドバイスしてくれます。
初めて経営に乗り出した人は分かると思いますが、実際に塾経営を行ってみると「生徒が集まらない」「人件費が高い」「ニーズが把握できない」などさまざまな問題にぶち当たります。
開業したはいいものの、まったく売上が上がらないといった悩みが生じることもあるでしょう。
そんなときも、フランチャイズ経営であれば、本部のサポーターにいつでも相談できます。

塾経営を行うということは「経営者になる」ということです。
別の事業を行っているといった人もいるかもしれませんが、たいていの人は初めての経験になると思います。

経営者として成功するのは並大抵のことではありません。
しかし本部が支援してくれることで、経営者の卵であってもなんとか塾運営ができるようになっていくでしょう。

フランチャイズ塾のデメリット

フランチャイズで塾経営をするデメリットをお伝えします。

1.初期費用が高い

フランチャイズのほうが、本部への加盟金や研修費用が発生するため、初期費用が高くなる傾向にあります。

しかし近年は、自己資金が少ない人向けの低額プランを提供しているフランチャイズもあります。
それでも500万円近くの初期費用がかかることは否めません。
本部によっては、1,000万円以上徴収することもあります。

2.本部への支払い

フランチャイズに限らず、塾経営には人件費、家賃、教材費、広告宣伝費などさまざまな費用がかかります。
そのうえロイヤリティまでかかってしまうのが、フランチャイズの痛いところです。

本部によって異なりますが、だいたい売上の10~15%を本部に納めるケースが多いようです。
ほかにも、定額形式を採用しているところもあります。

なかにはロイヤリティ0円を謳っているところもありますが、その場合、ほかの名目でお金を取っている可能性が高いです。

ロイヤリティを払う代わりに、経営ノウハウやアドバイスを得られるわけですが、売上が少ないときは利益を圧迫することもあります。
どのくらいの利益が出て、どれだけのロイヤリティだったら、そこまで負担にならなさそうか。
よくシミュレーションしてから、経営に乗り出しましょう。

3.独自の経営・集客が制限される

フランチャイズは本部が用意してくれる機材・ノウハウなどを利用するため、オリジナリティーを出しづらいといった欠点もあります。

本部の決めたルールやマニュアルを破ってしまうと、規約違反といわれペナルティーを受けてしまうことも。
自分なりの経営をしたいと思っている人にはあまり向いていません。

本部の指示に従えるか、契約前にしっかり規約等を読み込みましょう。

といっても、フランチャイズだからといって、オーナーの意向がまったく反映されないわけではありません。

同じ加盟店であっても、売上を伸ばせるところと伸ばせないところがあります。
それはオーナーの腕次第です。

「フランチャイズだからダメだ」ではなく、「ここは規約違反でも、この範囲は自分の裁量でどうにでもできる」といった部分で創意工夫を凝らしていきましょう。

フランチャイズ塾で成功するためのポイント

フランチャイズでの塾経営を成功させるにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは、フランチャイズで塾の経営を軌道に乗せるために抑えておきたい3つのポイントを紹介します。

1.資金繰りの計画を綿密に立てる

塾経営を成功させるために、まず行っていきたいのが資金繰りの計画です。
とくにフランチャイズといえども、必ずしも最初から生徒が集まるとは限りません。

最初の2~3年は思ったよりも生徒が集まらないことを想定して、綿密な資金繰り計画を立てておくようにしましょう。

フランチャイズの場合、開業資金が高くつく傾向にありますが、さらに2~3年分の運転資金も手元にあると安心です。

たとえ講師業を兼任していたとしても、経営者が資金繰りに関して無知ではいけません。
なぜ資金繰りが悪化しているのか。
原因を突き止め、改善策を考えていきましょう。

2.本部任せにしない

フランチャイズの良いところは、本部からさまざまなサポートを受けられるところ。
それだからといって、本部任せにしてはいけません。

フランチャイズ経営といっても、開業したらあなたは塾の経営者。
一国一城の主といっても過言ではありません。

もちろん、本部は困ったときに相談に乗ってはくれます。
だからといって、一から手取り足取りなんでも教えてくれるわけではありません。

「本部が教えてくれるから大丈夫」ではなく、まずは自分自身で塾経営に関する知識を身につけていきましょう。

それでもどうしても次の一手が見つからない。
そのようなときにぜひ本部に助けを求めてみてください。

きっとあなたが考えつかなかったようなアドバイスや助言をくれると思います。

逆に、本部に頼りっぱなしだと、サポーターの人たちも「このオーナーはダメだ」と思うようになり、心から「助けてあげたい」と思えなくなってしまいます。

3.最新のビジネスモデルを取り入れる

加盟する際は、できるだけ最新のビジネスモデルを取り入れているところと契約しましょう。
加盟店は本部が築き上げたビジネスモデルを利用できるところがメリットですが、ビジネスモデルによっては、もう時代遅れになってしまっているものもあります。

どのフランチャイズチェーンを選ぶかが、今後の塾経営者としての人生を大きく左右するといっても過言ではありません。
そのフランチャイズチェーンが提供しているビジネスモデルは今後も通用するのか、吟味してから契約しましょう。
「ちょっと今の時代とは合っていないかも」と思ったら、たとえ老舗だったとしても契約は見送るべきです。

塾経営者の年収、フランチャイズと個人の違い

こちらの記事では、学習塾経営者の年収について解説しております。

「塾経営者の年収ってどれくらいだろう……?」と思っている人も少なくないでしょう。
せっかく塾を開業したならば、「ほかの人たちよりも高い年収を得たい」と思うのは当然のことです。
しかしなかには、思ったように経営が上手くいかず、「あれ? こんなはずじゃなかった……!」という人もいると思います。

そもそも塾経営は儲かるのか? 年収をアップさせるには何をすべきか? などについて知りたい人はぜひご覧ください。

塾経営者の年収、フランチャイズと個人の違い

こちらの記事では、学習塾の開業方法や失敗しないコツについても解説しております。
詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

塾の開業に必要な準備や流れ

フランチャイズ経営を成功させて、たくさんの生徒の夢を叶えよう

塾のフランチャイズについてお伝えしました。
フランチャイズチェーンに加盟して、塾を開業する人は大勢います。
フランチャイズは経営の自由度は低くなるものの、さまざまなサポートを受けられるため、比較的成功しやすいモデルです。
「塾を開業したい。でも、一人じゃ不安……」という人は、フランチャイズチェーンに加盟することも考えてみましょう。

冨永教育経営研究所では、学習塾の経営者様に向けて経営・集客のサポートをさせて頂いております。
プロが認めた学習論と最先端の集客方法を用いて、学習塾経営者様のお悩みを解決いたします。
定期的な勉強会やセミナーを通して、成功事例の共有など様々なテーマについて勉強を行っています。
これらにより業績がV字回復した学習塾が数多く生まれています。

学習塾の経営・集客のことなら冨永教育経営研究所へ気軽にご相談ください。

Bookmark the permalink.