学習塾の現状


集団・個別・自立という大きく3つの指導スタイルがある中、メリットをうまく活かして成功している学習塾もあります。一方で、次のようなことで悩まれている経営者様もいらっしゃいます。

学習塾の現状

個別指導の現状と課題

・成績が上がりにくく、しかも単価が高いため生徒が流出しやすい
・大量の講師が必要であり、講師確保及び育成が難しい
・「成績が上がらない」という評判になると、チラシを打っても反応がなくなる
・FC本部の用意したチラシでは反応が得られない

集団指導の現状と課題

・固定費が大きくなり、リスクが高い
・成績が上がるがどうかは生徒次第である
・ついてこれない生徒が退塾してしまう
・優秀な講師の長期的確保は困難である
・自分で授業をやっても物理的・体力的限界が来る

自立型の現状と課題

・“単なる自習”と思われがちで、生徒・保護者の満足度を得にくい
・しっかりした学習理論と指導スキルがないと、成績が上げられない
・現場責任者のスキルに大きく依存するため、標準化が難しい

学習塾の経営者として克服すべき課題

当協会主宰である私、冨永賢宏は、学習塾を経営して31年になります。
この間、ありとあらゆる“経営上の壁”を経験し、乗り越えてきました。
さらに、この即アップミラクル協会を立ち上げて9年。
250社以上の全国の塾様とお付き合いさせていただき、学習塾経営の叡智をシェアしてきました。

成功している学習塾には、それぞれ経営者の創意工夫があります。
塾としてのありとあらゆる取組みを知り、たくさんの失敗事例も見てきました。
では、集約されるところは一体何なのか。

第一に生徒・保護者の満足です。
言い換えると、“実感として”成績が上がった!と思ってもらえたかどうか。
“実感として”、です。点数が、あるいは順位が上がったとしても、生徒や保護者が「上がった!」と感じたかどうかが問題なのです。

第二に集客スキルです。マーケティングは科学なのです。
きちんと理論を知り、実践を重ねると、だれでも集客スキルは上達します。
成功塾の経営者は、確固たる成績アップノウハウを確立した後、集客スキルを身に着けることで一気に加速していきます。

第三に「見られている感」です。
生徒がちゃんと、「自分のことを見てくれている」と感じているかどうか。
保護者の方が「ウチの子を私以上に気にしてくれている」と感じているかどうか。
現場責任者のコミュニケーション力が問われます。

しかし、「フルタイムで働く人間が自分一人」という状態であれば、さらには夜教務にも携わっていると、保護者の方に連絡するのもままならない訳です。
昼間に電話しようと思っても、昼間は出ない保護者さんもいます。かといって、夜遅くなると迷惑。
こういう細かな課題も克服しないといけません。

授業や指導スキルだけを磨けばいいかというと、それだけでは十分でない。
やはり、3か月も全く保護者に連絡がなかったら、保護者は不安になるのです。
テストで成績が上がってないのに、一言も連絡がなければ「ほったらかし」と思われます。

塾の成功法則

塾経営を成功させるには“成功する法則”に則って舵を取る必要があるのです。その結論とは、

l 成績アップ
l 集客(マーケティング)
l コミュニケーション

この3つなのです。

この3つを極めるのです。

当協会のプラチナ会員様には、学習塾経営31年と250社×9年の叡智を、効果実証済みの本物のノウハウをご提供しています。

あなたの塾は、必ず地域一番塾になれます。

只今、資料請求をされた方に著書を無料プレゼント中!
無料お試し導入も実施しています。

無料で資料請求を申し込む