加入塾の声(進学塾リベロ)

進学塾リベロ
種村先生

「成功していった人たちがノウハウをオープンに公開してくれる
そういう風土の協会が好きですね」

進学塾リベロ 種村先生

※個人の感想であり、当協会の効果・効能を確約するものではありません。

進学塾リベロ

指導形態 1クラス10~20名の一斉指導

学習法導入形態 一斉指導+即アップコース(冨永式自立学習法)
今まで行ってきた導入授業に即アップコースとして冨永式自立学習法を導入。
季節講習 テスト対策 各学年すべて冨永式自立学習法
導入時(2012年3月) 1教場 39名
現在(2016年11月)  2教場 120名(2教場)

ホームページ
http://www.libero-inc.jp/

地元の大手進学塾をやめ独立。一時期は100名を超える生徒が集まっていたが大手塾が近くに進出してくるなり生徒数が激減。当時は電話が鳴るたび退塾の電話と思いびくびくしていた。
大手塾がやらないサービスばかりを考え、過剰にサービスし過ぎた結果期待の若手社員が疲弊してしまい退社。
何をやってもうまくいかず経営自体が危なくなってきたところでミラクルロードを導入。
それから、即アップミラクル協会のセミナーにはすべて参加し学習法、マーケティング、マインドセットを学ぶ。

現在、教室は満杯状態。新年度の募集も満員御礼状態。今春念願の2店舗目を出店。
まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いの進学塾リベロ。一斉指導と自立学習を組み合わせたスタイルで成績アップ。

【種村先生からのコメント】

「進学塾リベロは2004年に開塾し、今年2月に丸11年を迎え、遅咲きながら4月に2校目となる新校舎「一宮中央校」を開校しました。現在、大きな夢と希望、そして勇気を持って果敢に経営に臨めるようになりました。そんな塾長を見て、社員たちも明るく元気に、そして建設的に仕事に取り組んでくれています。

しかし、今から5年前、リベロはまさに崩壊寸前でした。開塾して間もない頃から一緒に苦労をともにしてきた優秀な若手社員の退職を機に、それまで順調に推移していた経営の歯車が一気に狂いだしました。
不幸は連鎖するものなのか、さらにそこへ追い討ちを掛けるように超大手塾がリベロの目と鼻先に進出。完膚なきまで打ちのめされ、生徒数は見る見るうちに減っていき、ほぼ半減してしまいました。

当時の私は、何をやるにしても自信が持てず、自信がないので何をやってもうまくいかず、夢や希望など持てるはずもなし。毎日毎日資金繰りで頭がいっぱい、授業をやっても上の空、どこまでこの塾が持つのだろうかと不安と恐怖におびえながら、何か手だてはないかとひどく焦っていました。

そんな最中に出会ったのが即アップミラクルでした。すがる思いで導入しました。資金が底を突く中、私にとっては一世一代の大きな賭けでもありました。多くのものを失った私には、過去にしがみつくようなものはほとんどありませんでした。だから、「ミラクルロード」を信じて突き進みました。

この協会で行われるセミナーには参加しまくりました。そして、冨永先生のご教示や成功塾さんの様々な手法を徹底的に学びまくりました。すると、予想した以上に生徒たちの成績が上がりはじめたのです。そして、私にも一つの道筋(方向性)が見えてきました。

それは、「市場にまだない、しかし、市場が求めるような斬新で新しいもの(サービス)を作り、狭い範囲でいいから、それを求めるニッチな市場(独自の市場)を作る」ということを実践することで『売り手市場』になるというものです。

この理想の形を常に追い求めて、今、私は塾経営をしています。まだまだ道半ばではありますが、私の経験が、少しでも皆様の経営の一助となり、さらに、私を救ってくれたまさに“幸運の女神”のような「即アップミラクル協会」に少しでも恩返しができれば幸いだと思っております。」

  • 英泉塾
  • マイセルフ
  • C3進学アカデミー
  • リベロ
  • 豊中青藍塾